スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ファンドの金利変動リスク


もしかしたら、意外に思われるかもしれませんが、不動産の証券化商品である不動産ファンドも
金利変動の影響を大きく受けることになります。といいますのも、不動産ファンドは銀行などの
金融機関の借入金によって資金を調達しているからなのです。



ですので、金利が上昇することにより支払い利息が増えます。支払利息が増えることによって、
運用している物件からの収益が削られてしまうのです。



この借り入れ比率をLTVというのですが、LTVが高まることによって、運用している不動産物件の
評価を行った場合、残念ながら不動産の評価額は下がります。



金利が上昇することにより、不動産ファンド自体も大きな影響に巻きこまれることになるのですが、
金利上昇局面では景気が全体的に上向いている証拠でもあるわけです。



ですので賃料もそれにともなって上昇する可能性があります。そうすると今度は逆に運用している
不動産からえられる純収益も大きくなる可能性が高まることになります。



そうすると、不動産価格の上昇が期待できる場面では、不動産ファンドに対する評価もそれにとも
なって高まります。ちなみに、不動産ファンドは金利変動を最小限に抑えるために金融工学を用い
て設計されており、借入金によるレバレッジ効果も当然のことながらこうした動きを考慮してます。



ですので、金利が大きく上昇する局面を迎えたからといって、所有されている不動産物件を運用
することができなくなるというリスクは極力抑えてます。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド 不動産投資 資産運用 金利

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。