スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




上昇率を考慮した上でリートに投資する


投資の基本は安く買って高く売るですが、簡単なようで難しいです。多くの方が安く買って高く売らざ
るえない状況に追い込まれてしまいます。こうした背景には色々な要因があります。


もちろん底値を買って、高値で売れるのは理想ではありますが、これに固執してしまうと投資自体が
難しくなってしまいます。それよりも余裕のある投資を目指すべきです。


不動産ファンドの上昇率の大きさによって、余裕ある投資が実現できるか、そうでないかが決まりま
すので、基本的に何ヶ月も何年も同じ上昇率を維持する不動産ファンドはありません。


もし、全く同じ動きをするリート銘柄があるのだとすれば、簡単に底値と高値を割り出すことが出来て
しまいますので、理論上では全ての投資家が儲かることになってしまいます。


実際にそうならないのは、各リートごと、もしくは、リート市場全体の流れによって、株価の動き方が
異なるからです。上昇相場では各リート銘柄の上昇率も大きいです。


例えば普段であれば10%程度の上昇率が15%~20%、場合によってはそれ以上の上昇率をつける
場合 もあります。また、下降相場では一回の上昇率は小さくなります。


この点をしっかりと考慮したうえでリートに投資する必要があります。いくらリートの分配金利回りが
高いといっても、何も考えずに保有し続けるのは危険なので避けなければなりません。




スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド リート

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。