スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ファンドは長期投資で運用する

は、金融商品としての特性上、株式よりもリスクが低く、債券よりも利回りが
高いので、利回りに強い不動産ファンドは長期投資が最適とされています。



REITが東京証券取引所に上場したことにより、株式投資同様に、いつでも好きな時に売買
できるようになったので、不動産投資のネックとされていた流動性が解消されました。



これまで、REITは株式と相関性が低いとされていました。しかし、サブプライム問題により、
世界中の金融市場が信用伸縮不安に大きく揺さぶられていることから、残念ながらREIT
も例外なくこうした動きに対して連動した動きを見せています。



今現在、REITは基準価額が大幅に低迷しておりますが、これによって、分配金の利回り
が最高水準に到達していますので、見直し買いが入ることが期待されています。



ですので、利回りが圧倒的に高い不動産ファンドの特徴を生かし、長期保有することにより、
いつの日か配当類型が元本を上回ることでリスクが解消されます。



そこまで、長期保有することをためらわれるかもしれませんが、基本的に、不動産ファンド
は長期保有することによって福利の凄さを実感できる金融商品の一つです。何といっても
不動産ファンドは典型的なミドルリスクミドルリターンの商品なので長期投資が基本です。



では、できるだけ、長期保有するためにはどうしたらいいかといえば、まず最も大事なこと
は不動産ファンドで資産運用するための目的を明確にすることです。



例えば、自宅の購入資金、子供の教育資金、自分年金など、使い道が決まっていること
により、より安定的な商品で運用することが必然的に心がけることになります。




スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。