スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ファンドの会社型の仕組について


基本的に会社型と信託型の違いについてですが、従来の信託型が投資信託の仕組みとして、
信託銀行を中心に添えます。そして、委託者との契約のもとで不動産運用を行っていたものを、
リートという投資法人を中心にして運用される点です。



は不動産投資を行うにあたって投資家から資金を募ることによって、それで不動産を購入
する「器」のようなものです。器には色々なものを入れることができます。



そして、リートは収益の90%以上を配当しなければならないだけに、リートそのものの器の透明
度は非常に高く、投資家は投資運用の状態を簡単に知ることができます。



仕組みとしては投資家からそのREITに投資すると、REITからは一般の株式会社の株式に当た
る投資口を得ます。それが市場に流通するリート株です。



基本的に、こうしたリート株は東証リート市場をはじめとした証券取引所を介して売買されるので
すが、一般の個人投資家は証券取引所を通じて直接売買することはできません。



リートを取り扱う証券会社を通じて売買することができます。ちなみに、今現在リートは依然として
かなり割安な状態が続いていますが、残念ながら金融市場が信じられないほど不安定な状況に
あるだけに、大きな投資はお勧めすることができません。



しばらくは様子見に徹することをおすすめします。しばらくとは一体どれくらいかといいますと、来年
の3月くらいまでです。その間は金融商品への投資は控えるべきだと思います。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド リート 不動産投資 不動産投資信託

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。