スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




フラット35は住宅不況を救えるか?


今回は不動産ファンドとは少しはなれて住宅ローンについて誠に簡単
ではございますが解説させて頂きたいと思います。



旧住専から、民間の支援を受ける格好でフラット35が誕生したわけで
すが、各金融機関でフラット35を推し進めているところが多いです。



一時、35年間の固定金利が大きく注目され利用者が急増することに
なったのですが、ここ最近はだいぶ落ち着いているようです。



これまでフラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して
提供する長期固定金利の住宅ローンであることが売りでした。



実際にフラット35が運営されている仕組みについてですが、民間金融
機関が融資した住宅ローン債権を住宅金融支援機構が買い取ります。
そして、そのローン債権を証券化して資金調達を行います。



フラット35の特徴として最長35年間金利変動がありませんので、月々
の返済額を確定したいと考えられている方に受けています。



そして、保証料0円、繰上返済手数料も0円である上に、独自の基準
で住宅の質も確保されていることからここまで人気が拡大しました。



また、改正建築基準法によって、マンションにてしても、戸建住宅にし
ても完成するまでこれまでよりも大幅に時間を要することになり、また、
一時期原油高によって原材料が高騰しました。



このため、建材なども大幅に値上げすることが余儀なくされたわけで
すが、急激な円高により輸入建材が大幅に値下がりします。



しかし、景況感があまりにも悪すぎるので住宅不況の深刻化が懸念
されており、住宅購入者がへることで融資先が減ることによってフラ
ット35にどのような影響がでるか注目されております。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。