スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




借地の契約期間について


借地でなにが重要かといいますと、契約を交わされた時期
により、適用される法律が異なる点があげられます。


今現在の借地法は1992年8月1日に施行されました。


施行後に新たな借地契約を結ばれた場合は現在の借地法
が適用されることになるので問題ありません。



しかし、法が施行された1992年8月1日より前に交わされた
借地契約にかんしては旧借地法が適用されます。



また、これまでの契約が終了したことにより新たに借地契
約を交わされたのであれば現在の借地法が適用されます。



一方、借地権の存続期間も適用される法律により異なり、
事実、旧借地法におきましては、借地上に建てられた建築
物について石造りなどの堅固な建物と、木造などの非堅固
な建物で契約期間を区別されます。



そして、現在の借地法では、建物が堅固か非堅固かで区分
されることはなく、契約期間は最低30年です。



このため、契約において30年以上の取り決めが行なわれて
いるのであれば有効です。



しかし、30年未満であったり期間が設定されていない場合
におきましては一律30年になります。



また、契約更新後の契約期間に関しましては、1回目の更新
のみ最低20年となりますが、2回目以降は最低10年です。



上述したように、適用される法律だけでなく、旧借地法では
建物の構造も契約期間が異なります。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。