スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITの上場基準と仕組みについて




依然としてREITをはじめとした不動産ファンドが厳しい状況にあります。不動産価格の下落が止まり
ませんので、残念ながら今後しばらくは様子見に徹する必要がありそうです。そうした中で今回は、
REITの上場基準と、その仕組みについて誠に簡単ではございますが解説させていただきます。

【PR】 REITの取引は手数料が格安なCFDが断然お得!



REITもREIT株を証券取引所に上場して広く投資家を募ることによって不動産を購入するための資金
を得ることができます。証券取引所には誰も彼もが簡単に上場できるわけではありません。


それなりに厳しい上場を審査する基準を設けています。つまり、投信法上の要件をクリアするだけで
はなく、証券取引所が設定したハードルも超える必要があるわけです。


ちなみに、東京証券取引所の上場基準は、以下のとおりです。


●総資産の75%以上を不動産・不動産関連商品で運用している


●安定的運用対象(賃料収入が現に生じている不動産で1年以内
 に売却する見込みのないもの)総資産額の50%以上


●総資産50億円以上


●総資産10億円以上


●1口当たりの総資産は5万円以上


●上場時は4000口以上、投資口を保有する投資家は1000人以上



今現在欧米の金融機関が連日のように破綻に追込まれています。来年以降さらにペースが加速する
ことが予想されております。こうした流れが日本の金融機関にも襲い掛かると思います。


このため株式市場やREIT市場で投資家の安全を確保するための規制が今後さらに厳しくなると思い
ますが、そうなると投資する魅力が薄れるという悪循環に陥ってしまう可能性が高いです。


ですので、今後、国内のREIT市場への上場基準も今後さらに厳しくなることが予想されますが、市場
の活性化を妨げるようなことにならないことを願わずにはいられません。

【PR】 CFDなら世界中のREITに投資できます!





テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド REIT

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。