スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ファンドの選び方について

通常、不動産ファンドを購入しますと、決算期には運用報告書が送付されてくるのですが、この
運用報告書は簡単にいいますと不動産ファンドの通信簿と思ってください。



それくらい、運用報告書は重要なものなのですが、運用報告書には、これまでの運用実績など
が事細かに記載されてます。例えば、どのような形でファンドマネジャーは運用したのか、また、
設定された目標は達成できたのか、今後の展開などが記載されています。



上述したことから運用報告書に目を通さずに不動産ファンドに投資することができないほど運用
報告書は投資判断を下す上で非常に重要なものとなっています。



一方で、不動産の組入に関する明細についても、当初の予定されていた取得するための費用
は当然のことながら時が経てば過去のものとなってしまいます。なので、場合によっては含み
損をかかえてしまう可能性もありますので注意が必要です。



こうした事態を極力避けるためにも、決算期末は不動産の評価を見直す必要があります。こう
することにより、どの程度含み損を抱えているかについて明確にする必要があります。



そして、不動産の評価法には原価法をはじめ、取引事例比較法、収益還元法の3つあるので
すが、なぜ評価が必要なのかといえば投資用の不動産の価値を測るためです。


ですので、収益還元法で評価しなければなりません。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド 収益還元法

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。