スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




リートが短期売買には不向きな理由


リート市場は年初から比べるとかなり回復してきたわけですが、
それでも依然として割安な状態にあります。



リート銘柄だけではなく、株式市場にも割安のまま放置されて
いる銘柄が多数あるので今後外資から狙われる企業が続出
する可能性があると思います。



実際にサブプライム問題の影響から国内の銀行も不動産投資
への融資枠を狭めています。



こうした影響から、不動産業者が所有している物件を現金を
作るために次々と手放しているのですが、依然として首都圏
に限っては外資が買い進めているようです。


今後も狙われる企業や物件が続出する可能性が高いです。


もっとも、こうした企業や土地建物を事前に知ることができれば、
株式やリート銘柄に投資することによって利益をあげることは
当然のことながら比較的容易なわけです。



しかし、当然のことながら我々一般の個人投資家がこうした
情報を知ることじたいが非常に難しいわけです。



特にリートの場合は不動産市場そのものが一般の個人投資家
には敷居が高い世界ですのでなおさらのことだと思います。



依然として海外のリート市場と異なり情報開示の面で遅れてい
る感が強いので、株式同様にREIT指数が大きく下がったから
といって安易に買いに入るのは危険です。



とくにリートへの投資はキャピタルゲインよりインカムゲインを
狙うのが主流とされているだけに短期売買は不向きです。



なので割安だからといって、必ずしも上昇基調に転換するとは
限らないのです。必ずトレンドが転換したことを確認してから少
しずつ買い進めることをおススメします。


【情報満載】金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資

※投資は自己判断・自己責任でお願いします。
 
サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

資産運用の為の不動産ファンド入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : リート キャピタルゲイン インカムゲイン

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。