スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




土地の形状にもしっかりと目を配る


不動産ファンドであれば比較的問題ないのですが、直接物件に
投資する場合注意しなければならないのが土地の状態です。



一般的に更地に投資する人はいないと思います。すでに建物が
建設されている物件に投資されると思います。



ですので、土地の状態を気にすることなく、キャッシュフローに
ばかり気を取られてしまうことになります。


しかし、土地の形状及び状態についても確認すべきです。


理由としては、土地そのものの価格が変動するからであって、
土地によっては、物件が自由に設計できる物と出来ない物と
に分かれてしまうので、価格に大きく影響します。



建物が老朽化する前に資産としての価値がある場合は気にし
なくてもよいのですが、老朽化が進んだ物件に関しては建物
を解体して更地で引き渡さなければなりません。



その時に、でこぼこの土地と、しっかりと長方形が描かれて
いる土地のどちらが高く評価されるでしょう?



いうまでもなく、長方形の土地が高く評価されます。しかし、
建物が建っている場合はこうしたことが見過ごされてしまう
ので注意が必要なのです。



不動産ファンドへの投資の場合は、流動性が高いので、思い
たったときにすぐに売却すればよいでしょう。



しかし現物の不動産はそうはいきません。後々売却すること
もしっかりと考慮した上で投資する必要があります。ですの
で土地の形状についてもしっかりと考慮してください。


【情報満載】金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※投資は自己判断・自己責任でお願いします。
 
サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

資産運用の為の不動産ファンド入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : キャッシュフロー 資産 不動産ファンド

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。