スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




投資のリスクとリターンについて



低金利でありながら、依然として日本人の預貯金に対する依存度は
非常に高く、資産運用の50%以上を占めている状態です。



たしかに預貯金は預け入れたお金は仮に取引している銀行が破綻
した場合でも1000万円以内であれば確実に戻ってきます。



1000万円以下であればリスクがゼロです。リスクとは不確実性を
さす言葉で、不確実性が低いということはリスクが低いことです。



一方、リスクの反対であるリターンは投資したお金がいくらになって
戻ってくるかといったことに対する期待値といえます。



預貯金を行なった場合につく利子は0.5%以下なので仮に1万円
あずけても1年間では500円以下の利子しかつきません。



一方、高利回りと株価上昇にともなう売却益が期待できる株式投資
の場合は不確実性が高いのでリスクが高い金融商品です。



株価が値上がりする場合は2倍以上になることもありますが、10分
の1まで下落することも珍しくありません。



また、REITをはじめとした不動産ファンドの場合は株式投資と同様
に大きく上昇する可能性もありますが、下落する可能性があるので
リスクが高い金融商品ですが、株式ほどではありません。



株式投資がハイリスク・ハイリターンであるとすれば、REITの場合は、
さしずめミドルリスク・ミドルリターンといったところだと思います。また
分配金の利回りの高さは大きな魅力です。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。