スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産をREIT化する条件について


サブプライム問題が本格的に浮上してからすでに1年が過ぎま
したが依然として問題は解消される兆しがありません。



今後も、各金融機関が損失拡大を発表する場面に遭遇すると
思いますが、できるだけ早い段階で解決されることを願います。



今回は、REITが誕生するまでの仕組みにについて簡単では
ございますが、解説させて頂きたいと思います。


REITはどんな不動産を保有することになるのでしょうか。


REITは不動産のキャッシュフローをベースに生まれました。


そして、家賃収入をもとに配当金を支払います。


こうしたことから、投資対象は必然的にある程度高い家賃収入
の発生が見込める商業不動産(収益不動産)に限られます。


その代表であり、日本でも主流となるのがオフィスビルです。


ちなみにREIT先進国のアメリカでは大型商業施設、賃貸住宅、
ホテルや病院等もすでにREIT化されています。こうしたことから、
あくまでも収益が見込める物件にしか投資しません。



開発予定のない更地、収益をあげられる状態にない不良債権
絡みの不動産も、当然のことながらREIT化されません。



しかし、不良債権と投資ファンドなどが、不良債権を安値で買う
ことにより優秀な事業管財人を入れて事業を好転させることに
成功した後に、REIT化することはあるかもしれません。


⇒【情報満載】金持ち父さん目指すならHOME'S不動産投資



※投資は自己判断・自己責任でお願いします。
 
サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

資産運用の為の不動産ファンド入門トップへ




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : オフィスビル 商業不動産

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。