スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ファンドへ投資前にすべきこと


不動産ファンド投資信託の一種ですので、ファンドの運用ポリシーがご自身の投資
スタイルに合っているか、運用レポート目論見書などから判断する必要があります。



安定した利回りが確保できれば良いと考えている投資家の方が、基準価格を数年間で
大きく上昇させるようなアクティブ型不動産ファンドを選んでも意味がありません。



そして、必ず投資スタイルにあったファンドに投資しなければなりません。しかし、いくら
色々な不動産ファンドの資料を取り揃えて調べたとしても、ご自身の運用スタイル
明確になっていなければ選びようがありません。



もし、仮に選べたとしても、上述したような格好で間違った不動産ファンドを選んでしまう
可能性が高いでしょう。こうしたことを避けるためにも、どれくらいの利回りを確保したい
のかといったことを事前に明確にする必要があります。



また、「なぜ、それほどまでの利回りを確保したいと思うのか?」と、いったことも明確に
する必要があります。そうでないと、安定した利回りを確保したいと思いながらも、利回
り10%以上の不動産ファンドを求めてしまうことになります。



結果的には安定ではなく、高いリスクを手にすることになってしまいますの。ですので、
こういったことを避けるためにも、上述した点を明確にする必要があります。こうしたこ
とはリートREIT)や、私募ファンドにも当てはまります。



基本的なことですが、多くの方がこうしたことを無視して投資してしまうので、結果的に
損失を被るケースが少なくないので、馬鹿にせずにやってみてください。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投資信託 REIT

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。