スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




REITの分配金が支給されるまでの仕組み


REITへ投資しする上で最も大きな魅力とされている分配金(配当金)は、毎年確実に入って
くる家賃収入がベースです。では、その家賃収入が実際にどのように配当として支給される
のかについて、できるだけ具体的に解説させていただきます。



例えば今現在、総額で1000億円程度の資産価値があるとされる優良な不動産物件を数多く
所有しているリアルREITという投資法人があると仮定します。



REITは借入を活用するケースが一般的とされている中で、ここでは半分の500億円を借入金
(金利2%)で、残りを株(投資口)で調達することになりました。



そして、この時にリアルREITが発行した株は20万口であることから、この結果として、1口
当たりの純資産額は25万円(500億円÷20万口)となります。



一方で、リアルREITの年間賃貸収入は90億円になりました。そこから運営諸経費をはじめ、
減価償却費など必要な経費として46億円と、支払利息として10億円(500億円×2%)を
差し引いたことにより、34億円が残りました。



一般企業であれば、この段階で法人税を支払うのですが、REITは投資家に分配金を配当する
ことによって国から法人税が免除されます。



今回は、その利益を100%投資してくれた投資家に還元することになりましたたので、その結果
として、1口当たりの配当金が1万7000円(34億円÷20万口)といった形で算出され、
この金額が投資家に対して支給されることになります。



そして、もし取引所で30万円の株価がついていたとした場合は、この時の配当利回りは5.7%
(1万7000円÷30万円)となります。株式投資などと比べて配当金は家賃収入から生まれる
ので安定しているのが大きなポイントです。



さらに収益の90%以上が配当されるのも投資する側としては大きな魅力です。




テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド REIT

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。