スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ファンドへの投資は控えるべき?


依然として不動産を取り巻く環境は改善されていません。リーマンショックのあおりを受けて
昨年はたくさんの優良な不動産業者が倒産することになったわけですが、倒産件数に関しては
昨年同月比でみるとかなり改善されています。



しかし、市場全体が改善されているわけではないので注意しなければなりません。厳しい状況
が今後も続くと思いますので、怖くて長期での運用はできません。



私募ファンドは長期で保有することが義務付けられていますので、金融恐慌のような状況に
陥ってファンドの価値が下がっても原則的に売ることができません。



今後数年間は状況が改善される兆しが見えてこないと思いますので、流動性が高く売り買いが
簡単にできるREIT以外の不動産ファンドへの投資は控えるべきです。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド REIT

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。