スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




厳しすぎる不動産市場の今後の行方について



欧州諸国の経済が危機的状況にあるなかで、ECBは金利水準を1.25%に利上げしました。


今後しばらくは円安局面に向かうことが予想されている反面、依然としてドル安が急速に
進んでいるため、円高となっています。


そうした中、国内の不動市場は極めて危機的状況にあり、地方では投売りの状態になって
います。大都市圏でもそうした動きが今後見られる可能性が高いでしょう。


そうなると、再び日銀がETFやREITを買いささせる動きが見られるかもしれません。


ですので、今回今一度REITの仕組みにについて解説させて頂きたいと思います。


REITが保有する不動産は、キャッシュを生むものに限定されます。


といいますのも、REITは不動産のキャッシュフローをベースに誕生したんです。


REITは、保有している物件が生み出す家賃収入をもとに配当金を支払います。


このため、投資対象は必然的にある程度高い家賃収入の発生が見込める商業不動産に
限られまして、大きな割合を占めるのがオフィスビルです。



REIT先進国のアメリカでは大型商業施設、賃貸住宅、ホテルや病院等もすでにREIT化
されています。当然のことながら収益が見込める物件にしか投資しません。



ですので、手付かずでなおかつ開発予定のない更地、もしくは収益をあげられる状態
にない不良債権絡みの不動産をREIT化することはありません。



しかし、不良債権と投資ファンドなどが、不良債権を安値で買い、優秀な事業管財人
を入れて事業を好転させることに成功した後に、REIT化する可能性はあります。

「PR」 ダイニングテーブル 通販




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド REIT ECB

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。