スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不況の時こそ絶好の投資タイミング


不動産価格というのは株式などとは比較にならないほど緩やかに上下変動するもの
とされていたのですが、ここ最近ではこうした傾向が変わりつつあります。



こうした背景には金融システムが大きく変わったことが大きな要因の一つとされてい
ますが、良い面も悪い面もあります。悪い面はレバレッジを多用することで不動産
取得することで需給バランスが大幅に崩れてしまいます。



必然的に景気が上向いている時には加速的に不動産価格が上昇しています。こう
したことから、2007年前半までに、たった2年程度の期間で不動産価格が4倍以上
まで上昇したエリアも実際にあります。



バブルが形成されるまで、これまで以上に速いスピードで達成されますが、景気が
悪化すると大変です。金融機関が融資を規制しますので、レバレッジをかけすぎて
不動産を取得した業者は必然的に資金難に陥ることになります。



せっかく不動産物件を取得しても破綻してしまっては意味がありません。戦後日本
の経済成長を支えていたのは土地の価格が上昇し続けたことが大きな要因として
あげられます。もともと、バブルが生まれやすい環境にあるといえるかもしれません。



もし、90年代初頭までに旧国鉄が所有していた土地を売却すれば国鉄の債務処理
は終わっていたそうです。しかし、現実には依然として債務は膨れ上がっています。



ですので、不動産投資に限らず、投資の世界では良い投資環境でなく、投資環境が
悪化している状況下でどういった対応をするかが非常に大切です。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産投資

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。