スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




不動産ファンドにおける投資法人の役割



投資法人であるリートは、投資家から資金を集めて不動産を購入します。ただ改正投信法では、
アメリカではすでに一般的なリート自身による「自家運用」を認めていません。


こうしたことから、実際の不動産の選定や投資判断などは投資信託委託業者が行うことになり
ます。そして、リートが取得した不動産は資産保管会社が保管します。


そして、会社型の登場によって、不動産投資の世界では新しいビジネスが誕生することとなり、
それぞれが専門的なアプローチでREITを支えることになります。


例えば、不動産を細かく審査するデューデリジェンスをはじめとし、プロパティマネジメント
(不動産運営管理会社)アセットマネージメントなど、多くのビジネスが生まれてきます。


今後も、不動産関連の金融商品がさらに細分化される可能性が高いと思いますので、色々な関連
サービスが拡大するとともにビジネスチャンスも増えることが予想されています。


ですので、不動産ファンドが一般の投資家の間で浸透すれば今後さらに不動産投資の敷居が低く
なりますので、一般の個人投資家の間でも不動産ファンドを見なおすと動きが強まりそうです。




テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 不動産ファンド 投資法人 REIT

さらに詳しくしらべる


 検索例  
REIT ファンド 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

不動産ファンド REIT 不動産投資 リート 不動産 オフィスビル 投資法人 収益還元法 キャッシュフロー 商業不動産 インカムゲイン 金利 資産 自己資金 基準価額 証券化 キャピタルゲイン 投資信託 殺到 大型高機能倉庫 不動産事業 レバレッジ 融資 外資 土地 ECB ファンド・オプ・ファンズ 私慕ファンド リート指数 資産運用 不動産価格 不動産投資信託 アセットマネジメント プロパティマネジメント 委託者非指示型 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。